HOME>トピックス>事前にきちんと調べて立地の良い場所で見学しよう

見学する曜日や立地は重要です

川越の住宅展示場内を見学する際は立地を重視しましょう。特にお客様が多い正面が有利です。ハウスメーカーは場所を借りて住宅展示場を展開しています。立地が良い場所ほどお客様の目に留まるので、良い営業の方が用意される可能性が高いです。反対に奥で人が通らない場所は不利となります。見学に行く前にできれば住宅展示場の配置図を調べてから行きましょう。見学のタイミングとしてはやはり週末や休日がいいでしょう。より多くの人が見込めるイベントの日があればぜひ足を運んでください。特別なイベントの日もお客様が多くなるので、営業の人数も増やすので敏腕な営業スタッフにあたる可能性もあります。お客様がほとんど来ない平日よりも、休日にしましょう。

どんな工法にするかも大切

自分が建てたい住宅の工法は必ず決めることになります。工法で建物の特性や値段は大きく変わってきます。工法の大まかな仕組みを理解し、それをもとに川越の住宅展示場に見学しに行きましょう。住宅の工法は昔ながらの木造建築・鉄筋コンクリート・重量鉄骨・軽量鉄骨などがあります。後方によって強みやデメリットは違います。また、注文住宅を建てる方は工法によっては不可能な要望も出てきます。川越の住宅展示場はどこでも同じではありません。ちゃんと決めずにただ見学するだけでは、営業の方の話を聞くだけで終わってしまいます。一生で一度の大きな買い物となるので希望に近い家や営業の方と出会えるかが肝心です。営業の方との相性もあるのでぜひじっくり決めてください。

広告募集中